トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ  >>  お口の中に炎症があってはならぬ

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

お口の中に炎症があってはならぬ

2016年06月26日

NHKスペシャル シリーズ キラーストレス 第1回「あなたを蝕(むしば)むストレスの正体~こうして命を守れ~」

ゲスト : 林修
出演 : 小島瑠璃子澤穂希高須光聖

激動の社会の中、高まるばかりのストレス。2016年国は、職場でのストレス検査を企業に義務づけるなど、本格的なストレス対策に向けて動きだした。このシリーズが注目するのは、私たちの命を奪う可能性のある、いわば「キラーストレス」とでも呼ぶべきストレスの存在。脳科学や心理学など最先端の研究は、ストレスが人の体に「ストレス反応の暴走」を引き起こし、脳細胞や血管を破壊して死を招くメカニズムを明らかにし始めた。(NHKオンデマンドより)

この番組をご覧になった方も多いと思います。

お口の中に炎症があると

多量のバイキン(細菌)が血管の中に入り込み、

血管に定着してしまいます。

それにストレスと重なると

細菌が活性化して、血管を溶かし、

そして血管が破れてしまい、突然死を起こす可能性がある。。。と

よくぞ言ってくれました!!という感じです。

私たちが、定期的にバイオフィルム(細菌の塊)を取り除きましょう。

お口の中に炎症があってはならぬ と言っているのはまさに、当に、このこと。

歯肉が腫れた状態であれば、血管から容易に細菌が血管内に入り込んでしまします。

日頃、悪さをしていない細菌でも、

血管内では性質を変え、

血管を突き破る可能性があるということです。

歯茎から血が出やすいかなあ と思ったら

歯科クリニックに相談されることをお勧めします。

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP