トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ  >>  最高の医師とは

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

最高の医師とは

2010年06月04日

こんにちは院長の横山です。

いつも考えていることをもう一度確認しますね。

どうぞお読み頂けたら幸いです。

”最高の医師とは”

皆さんは誰 だと思います。今日の電車の中で考えていましたら答えが見つかりました

それは

ドクター食べ物

ドクター習慣

ドクター陽気

ドクタープチ運動

です。

私は歯科医師と してその一番上の食べ物を如何に摂取するかに関わっている訳ですけど、やはり入れ歯では最高のドクターには見放されるし、楽しくないしなあ、、

毒だーで は困るしなあ。

などと

やはりイ ンプラントを皆様に勧めるのはその辺があるかなあと

勝手に瞑想して おりました。

あなたの笑顔好きですか?

自信を持って、会話を楽しみ、物を味わいながら食べ、
笑顔、そして自分自身を表現していますか

よ こやま歯科クリニックでは特に疾患を未然に防ぐ、

予防に一番力を入れております。、

月200人以上の方がこの予防だけを目的にされ、来院されております。

開業して10年ほどになりますが、約4~6ヶ月ごとに来院していただき、

その当時とまったく変わらない口腔内の状態を保たれている方がおります。

虫歯のない永久歯列を獲得された方も大勢いらっしゃいます。

本当にうれしい限りです。

そこで

予防する3つの原則

1.早く会う

2. 頻繁に会う

3. 長期的に会う

どうかお願いです。

早く予防”をコンセプトとしている私たちにあなたと会わせて頂 ける

機会を頂きたいのです。

し  か  しです、

中にはどうしてもどうしても歯を保存できない場合があります。

これはどなたにも当てはまることですけど、

”歯根が割れた”など理由で、残念ですが、

歯を抜かなければならないケースがどうしてもある訳です。

もちろん

歯を抜けたところを従来の方法(ブリッジや義歯)で治療することも可能です。

インプラントを埋入しときさえすれば、他の”歯を守る”ことは十分可能 ですし、

たった2本のインプラントさえあれば、下の総入れ歯の場合、

かなり義歯が安定し、不快なく、お食事ができるのに

というケースをたくさん拝見してきました。

医学が日進月歩進歩しいる現在、歯科医学も例外ではありません

周りの歯を傷つけることなく、

元の歯と同じように修復が可能な時代

今、確立されつつあります。

また、

距離があるから通えないという時代も終了しま した

だって、だって自 分 の 健 康のことですよ (^^ゞ

今までの常識がまったく変わってしまいました。

私がニューヨーク大のインプラントー歯周病治療コースを受講時に聞いた話です

”インプランとが今最善の治療法であるとわかっています

もしインプラント治療をしないなら、

その旨をサインした書面にするそうです。”

インプラント治療をするなら歯を抜いてからで きるだけ早いほうが

骨が多く残っておりますので、有利であることは確かなのです。

(でも急性の炎症が残っている場合は、

数ヶ月たってからインプラント治療を行う場合もあります。)

もちろん

骨が少なくなってしまっている場合はレントゲンやCTで骨の量を測定して

必要があれば、骨を補う(骨移植)ことを行えば、十分可能になります。

あきらめる必要はないのです。

喜びの声

先生のおかげで両方でバランスよく噛めるようになりました。
T.O(46才女性)

入れ歯から開放され、何でもおいしく食べられるようになりました。

H.T(52才男性)
本当の歯のような噛みごたえになりました。

私は大学卒業後、医学部付属病院に入局、

11年間口腔外科を学び、

その間、麻酔科、矯正歯科のトレーニングも

受けております。

現在

インプラントの手術および修復処置を行うことを
私の人生の使 命と 思い日々診療に当たっております.

 
 

 

 知識 と 技術 そして 感性、 そして自分自身

 をも日夜高めております。






ともかくも

本当に、あなたにお会いできるのを楽しみにしております

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP