トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ  >>  2016年3 月の記事一覧

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

2016年3 月の記事一覧

2人の神様

2016年03月20日

勉強会からの帰り、電車のなかにビールの空き缶が

あっちへいったり

こっちへ行ったり漂っていました。

誰の目にもうっとうしいと映っていたはず。

和光市の駅に電車が止まると、22−5歳くらいの女性が素早く、その缶を拾い上げ

駅の外に走って行き、販売機の缶入れにいれて

また走って戻って来たのです。それはホンの一瞬の出来事。

わたしはその女性の顔を気づかれないようにちらっと観て

こころで手を合わせました。この出来事は何かの教え?かなあ と

そして、

自分は志木駅を降り、駅の階段を下っていた所、

前の方でコンビニ袋がふわふわ漂っていました。

すると右斜めにいた20前後の女性がパッと拾い上げたのです。

自分が見ていたので、決してその女性が落としたものではありませんでした。

ええーーと自分は思いました。同じ日に神様に2人を会えるなんて!!

ここでも心で手を合わせて、自らの行いを省み、

自分もそんな行動が出来るだろうか。

そんな思いの休日でした。

幸せであり続ける考え方とは

2016年03月20日

多くの方が幸せを求めて、

仕事をし、雑事をこなします。

やっと手に入れた幸せも

つかの間で飽きてしまう。

こんな物語をよく聞きませんか?

あるコーチングの勉強会での話です。

幸せであり続ける考え方は2つ

一つが、人として成長し続けること。

二つ目が、人に与え続けること

言葉としてはシンプルですが、どの世界でも通用しますし、

歯科医師として、心に刻んで置かなければならない事だと

考えました。

良い休日をお過ごしください。

あなたの歯ぎしりが治らないのはけっしてあなたのせいではありません

2016年03月20日

歯ぎしりに自覚はありません。

いわゆる無意識の世界です。

たとえば呼吸するのって意識的ではないと思います。

脳のどこかで指令が出て、させているのしょうが

命を奪う訳ではないので、研究者は興味を持ちません。

私見ですが、こどもの歯ぎしりは筋肉を鍛え、

歯並びを整えているのかもしれないと考えます。

だって、歯ぎしりしている方のほうが顎が広く、

きれいに歯が並んでいるのを経験するからです。

でも

ある年齢に達すると、私たちの体も歯も年を重ね変化します。

歯の状態はけっして同じではありません。日々、もろく(脆く)なっていきます。

虫歯がなかった方が、突然歯医者にいかなければならない理由が、

そう 歯の破折 です。

割れ方によっては抜歯が必要なことがあります。特に神経を取ってある歯は要注意

これは今まで健康な生活を送っていた方にとってはかなりのショックの様です。

ほかに虫歯の治療はしっかりしているのに しみる、しみると訴えるかたも歯ぎしりが原因であることが多いです。

さらには、あごの筋肉が悲鳴をあげて、筋肉痛を起こしてしまうことも良くあります。(顎関節症の一つ)

でも

あなたの歯ぎしりが治らないのはけっしてあなたのせいではありません。

歯ぎしりは寝ている間のことなので、寝ないでくださいと 冗談で言っていますが、

だれでも起こることです。

対策として、マウスピースをお作りすることを提案しております。

あなたはフロスをするか?歯間ブラシをするか?

2016年03月20日

歯ブラシをしていない日本人はいないはず。

では、どうして歯科的疾患がなくならないのか?

敵はバイキン(細菌)!

それには歯にこびりついたばい菌の塊(私たちはバイオフィルムと呼んでいます)

を擦って機械的に落とすことです。

そう スポンジやたわしで台所の片隅のヌルヌルを落とすイメージ

歯ブラシがどんなに上手でも歯と歯の間の汚れを取るのは

やはり無理なんです。

だからだから、私たちはもう一つの器具を使ってくださいと常々提案しているんです。

フロスをするか?歯間ブラシをするか? それはあなたのお口の状態で違ってきます。

うがいの少ない歯磨き剤

2016年03月19日

虫歯予防の秘訣を一つ挙げるとすれば

それはフッ素の使うこと。

歯科医院では濃いめの濃度のフッ素を使いますが、

歯磨き剤から濃度の低い状態で使用し、

(それも継続的に毎日)

歯に作用させるのがベスト。

よこやま歯科の受付でちゃんと販売しております。

宣伝になってしまいますが、

歯磨き剤の値段を支払うのと

歯を削って詰めるのとどっちが得か

冷静に考えると判るような気がします。

そして、コツが一つ

うがいを少なめにすること。フッ素が口の中に残って

再石灰化を促します。

お試しあれ!!

一生懸命だけでは物足りない

2016年03月19日

歯科学の世界をちょっとご紹介します。

開業歯科医として学ぶべきこととは

総義歯学、部分床学、クラウンブリッジ学、修復学、歯内療法学、放射線学、小手術(口腔外科学)

歯周病学、顎関節に関する知識、矯正学、インプラント学、予防歯科学、心理学、人間学、英語力(英文献が読める力)

まだまだありますが、これだけの知識と技術を常にリフレッシュしておく必要があります。

ある有名な先生の言葉が今も私を歯科の世界に集中させます。

《歯科医師になったからには歯科以外の趣味を持ってはならない》

国家試験で一生懸命だったのはもう忘れ、一生懸命だけでは物足りない世界へ

ようこそ、新人歯科医師たち。

志木を休もう

2016年03月19日

まさに春の陽気。

今日から3連休の方も多いのでは?

たまにはゆっくり過ごすのもよいですし、

志木を思いっきり休みたいですね。

(花粉症の方にはお見舞い申し上げます)

土曜日は時間の掛かる治療が多く、

余裕を持ってお約束して頂けると

助かります

ゆりかもめは無人で走っている。でも大切な歯を守るのに一人で走る必要はもうない

2016年03月18日

歯を健康に維持していきたいと誰もが思っているはず。

でも

定期的に歯科医院を訪れる方の少ないのはどうしてでしょう?

痛みもないし、それに忙しいし

なんて声が聞こえてきそうです。

”歯が命”とかいうテレビコマーシャルではありませんけど、

大切な歯を守るのに一人で走る(悩む)必要なんてもうありません。

勇気ある行動に任せればそれで良いのです。

あなたにお目に掛かれるのを楽しみにして居ります。

よこやま歯科は根の治療にこだわります

2016年03月18日

たまたま詰めていた所から

次の虫歯になって痛みが止まらず

残念なことに神経を取らなければ行けないこと

以前に根の治療はして被せたけど、腫れて痛くなって、噛めなくなって

根の治療をしなければならないことが

よくあります。

このような場合、まず痛み(自発痛)を取り除くことに全力を尽くします。

時には、化膿止め、痛み止めが必要でしょう。

痛みが止まってホッとしてからが、私たちの仕事です

顕微鏡を駆使し、根の位置 汚れ具合 をよく観て

汚染物を搔き出しつつ、根を詰める準備をしてゆきます。

必要があればCTも撮影します。

特に奥歯ではこの治療に多くの時間を必要とします。

喉から手が入ったら早く終わるのに とか

抜いて治療できたらいいのに とか

冗談を真顔で言いたくなることもあるくらい

この治療に対する日本の評価は低いのが実情。

でもでも、

よこやま歯科ではこの根の治療にこだわります。

いつも治療する前に心でつぶやきます、

”どうか自分の治療する歯が快適にこれからも長持ちしますように!”と

歯を磨かないで歯周病を直す?方法 2

2016年03月17日

そこで 内科的歯周病治療という考え方 の登場!!

内科の治療で 胃がんのリスクを減らすために抗菌剤を使う方法が

今や保険に導入され、除菌という言葉でよく知られるようになりました。

似たような考え方で、歯周病のバイキンをの活性化を抑え、

バイキンの塊を破壊する

抗菌剤を使っていただくことで

歯周病の進行を抑えることができます。

それから、一生懸命、歯を磨けばいいのかなあ

そして、私たちの役目として、頑張ってバイキンが少ない状態に維持していただくようコーチの役目(コーチング)なのかなあ。

悪玉菌に余計な抵抗力を奪われたり、肺炎のリスクも下がるし。。

だから定期的に管理の必要性を理解して頂ければと、

さらには

皆さんにとってお口のプロコーチでありたいと考える次第です。

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP