トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

最新の10件

嫌いな人を好きになる方法

2011年02月11日

今日は朝から雪。
積もるのかなア と
勝手に心配しています。

今日の話はトップリーダーという雑誌のコラム、
林成之先生の話からです。
そのタイトルは「嫌いな社員を今日から好きになる方法」

私はスタッフの採用時、面接でこんな質問をします。

あなたの嫌いなタイプの人はどんな人ですか?
そして
その人とうまくやって行くにはどうしたらよいと思いますか?

多くの方が困った表情を浮かべ、苦しそうに答えてくれます。

逆にわたしに質問されても、同じかと思いつつ、

その答えを林先生のコラムの中に見つけ、感激し、スタッフミィーティングでも取り上げました。

答えは簡単だそうです。
相手のことを嫌だな、嫌いだな と感じたら、すぐにその人のことを
「自分がレベルアップするために、神様が遣わしてくれた大切な仲間」
だと、自らに言い聞かせる。これだけです。

と。ウーん深ーいですね。

レベルアップさせていただいていると言う発想に変えてから
自分でもとても楽にコミュニケーションが取れる様になったと思います。
皆様もお試しあれ。
その

相手の大切なものを大切にする

2011年02月03日

もう2月ですね。
寒さの中に春の訪れて来る気配。なんだかワクワクします。

今日の話は【相手の大切なものを大切にする】です。

子どもの頃、こんな事を言ってケンカした事ありませんか?

お前の母さんデベソ。。って

これって自分の事を言われていないのに、普通以上にカッとなった経験はどなたでもあるはず。

これって不思議と思いません?

何気ない会話の中で相手が大切なものを非難したり、批判することって。

目の前の相手と仲良くしたいとか、幸せにしてあげたいなあと思うなら

その方の大切に思っているものを尊重し、好きになって上げ、大切に思う心

を持ちたいもの。

こんな事を考え、日々診療しています。

あなたの歯をあなた以上に大切に思っているデンティストでした。

今夜はこの辺で。

大吉

2011年01月05日

大吉がここ10年くらいなかったのに

今年はいい事きっとある。

ワクワク

見て頂いた方も大吉でありますように

DSCF4377

ニュースレター 笑顔を求めて

2011年01月04日

よこやま歯科NL_011月3日

ニュースレター1月号できました。

さあ、明日からいよいよ診療のスタート。

よこやま歯科NL_011月3日(パワーポイントファイルです)

スライド1

エジプトからの年賀状

2011年01月03日

DSC_0159DSC_0164エジプトから年賀状が届きました。

ニューヨーク大学、研修中にセミナーをして頂いた

DR.アスカリーからです。

アラビア語、英語、ドイツ語、ロシア語、フランス語、

スペイン語?日本語、韓国語、中国語で

書かれています。

世界中の方に出しているのでしょう。

日本語は少しですけど

先生のすごさを感じます。

 

かわら版

2011年01月03日

IMG111IMG_0001111IMG  IMG_0001

どうぞ、IMG   IMG_0001をクリックして見てください。

シェーグレン症候群でお悩みの方がすこしでも

元気が出ればよいなあ。

今年も素晴らしい年にいたしましょう

 

 

勉強会

2010年12月26日

DSCF4347土曜日、日曜日(25,26日)と

中村先生の

IMPLANT SOLUTION MASTER COURSE

に参加し、

サティフィケートを頂きました。

インプラント治療の奥深さに感心した全6日間でした。

この勉強会を機に

よこやま歯科の次なるテーマが見えてきました。

来年からも真剣にインプラント治療に取り組み

皆様に喜んで頂けるよう努力して参ります。

よこやま歯科に期待していてください。

 

では

 

デンタルショー

2010年10月11日

昨日、横浜にて、ワールドデンタルショーに参加して参りました。

2年に一回の歯科関係業者の新作発表会と言ってもよいかもしれません。

今年も参加者も多く、展示会場は人でごった返しており、

ますます歯科業界が活気にあふれ、明るく発展するのを祈りつつ、

皆様の健康づくりに貢献できれば

うれしさと同時に誇らしい限りです。

勉強した後は、賑やかな中華街を散策し、舌鼓を打った次第です。

今日は祝日、体育の日

のんびり秋を楽しみたいものです。

唾液の少なくなった方へ

2010年10月01日

唾液が少なくなった方を対象に原稿依頼を受けました。
先に
公開いたします。

歯科医院の役割
 先日、ある本を開くと、美味しいものを食べて「旨い」と舌やお口全体で感じることを

古人は口福という、なんて実にウマい事が書かれていました。私たち歯科医の仕事は

、生涯に渡って、口腔の健康維持し、その健全な働きを全うして頂くことです。
お口の中にはたくさんの細菌が生活しており、これが歯に付着し、歯垢(バイオフィルム)を作ります。

本来なら、唾液の成分やその流れによって、歯の再石灰化を促し、酸の濃度を下げるので虫歯を防ぎますし、

免疫力を高めることで、歯肉炎、歯周病のリスクを少なくします。

ところが、何らかの原因でお口の唾液が少なくなった状態(ドライマウス)になると、

虫歯、歯周炎、さらには口臭、カビによる炎症などの症状が現れ易くなります。
もちろん、加齢と共にその量が少なくなることは否めません。
ところで、皆さんは、歯科医院にどれくらいの頻度で通っていますか?

痛くなったらなんて声が聞こえて来そうですね。そこで提案ですが、歯科医院をもっと利用してはいかがでしょうか?
私たちは、虫歯、歯周病の発生進行を最小限になるよう、このバイオフィルムに立ち向かっているプロです。

もちろん、歯ブラシにはウルサイのですけど、細かい器具を使って、丁寧に隅々まで、最後にはつるつるになるまで歯を研磨します。

そしてお口がすっきりして本当に気持ちよくなりますし、また歯科医院を訪れたい思うのでは。。。
 唾液が少なくなったり、その他の症状でのお悩みは痛いほどよく分かります。

私達、歯科医院は、皆様の「口福」を最大限に引き出す様努力し、

心から幸福を分かち合えるお手伝いができたらよいなあと考えております。
 

 皆様のご健康を祈りつつ
よこやま歯科クリニック  横山宜佳

笑顔をつくる練習

2010年08月30日

今日も暑いですね!

さて、今回は”笑顔の練習”をしましょう というお話です。

皆さん、覚えてます。

最高のドクターの3人目?

それは

ドクタ- 陽気です

笑う門には福来る と言われるように

いつも陽気な人は何事にもくよくよせず、人にも好かれるものです。

ではどうやって笑顔を作るの?

と思われている方もいらっしゃるのではないかと思います。

実はおかしいから笑うのではなく、

笑うからおかしいのだ。

という原理に気づいて頂いたとして、

笑顔を創る練習をしようではありませんか?

年を重ねると

、普通の顔をしているのにだんだん怖い顔になってくるから不思議です。

意識して笑顔を創っても、普通の顔くらいに考えてよいでしょう。

 

では

さっそく、用意するものはたった2つです

割り箸(鉛筆、ペンでもOK)

鏡(部屋中、張っておくといいのですが)

まず、割り箸を横に口にくわえる。 ほら歯が見えるくらいに

そして目の力を意識して抜いて

ここからがみそです。

赤ちゃん、子犬、子猫などを思い浮かべる

(もちろん、夢がかなった時を思い出すのも可、たとえば宝くじあたったところとか)

すると目がうるうるして、目じりが下がり、割り箸をくわえているので

口角が上がっています。

しばらくそのままで、疲れたら割り箸なしで、鏡の前で

筋肉の動きを思い出して練習です。

油断するとすぐに元に戻ってしまいます。ので、ひたすら練習して

自然に微笑むことができれば最高です。

口の周りの筋肉を鍛えることで若返りにも期待して、がんばりましょう!!

今夜はこの辺で!

 

皆様に愛とありがとうを伝える歯科医院をめざして

 

 

 

 

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP