トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

最新の10件

血圧計。

2016年06月10日

よこやま歯科では、

高血圧症、心血管疾患、脳血管疾患をお持ちの患者様、

またはその疑いのある患者様に対して、

血圧計、血液酸素飽和度をモニターしながら

歯科治療を行っております。

バイタルサインを術者、患者様ともに共有することで

より安全で、安心した歯科治療を提供できると

考えているからです。

歯科治療は見えないところでの操作が主なので

ストレスと感じてしまう方も多いハズ。

普段、血圧など図る機会がない方がいらっしゃいましたら、

測定しますので、スタッフまで声をかけていただければ、

嬉しいですね。

語学。

2016年06月09日

現在、自分が学んでいる言語は、英語、フランス語、ドイツ語の3言語。

毎日、やるのが上達のコツ。

知ってはいるけど、これが結構しんどい。

心に苦痛を伴うと、テキストのページを開きたくなくなることありませんか?

言語学習者にとって一番危険なトラップが、覚えることを目的にしてしまうこと。

そうではなくて

新しい項目、文法、そして、考え方、文化をも学ぶことを楽しむこと これが真の目的なのに。

初心に帰れとは、いつも楽しむことを忘れるなと言うこと。

明日からまた、学ぶ意欲が出てきました!

ビデオによる印象の時代

2016年06月07日

本日、よこやま歯科で初めて、

印象材を一切使わず、ビデオによる口腔内から直接に、型取りを行い、

そのデーターをすぐにインターネット経由で技工所に送り、

作成したジルコニアのクラウンをセットするという方法を

施術しました。

さすがと思えるほど、適合抜群

今後、この術式がここ3年でメジャーになること間違いないでしょう。

今日が初の一歩となる記念すべき日となりました。

姿勢ではなく、歯勢

2016年06月07日

人の意志の力を高めるために

明日からできることがあります。

もちろん、運動(ジョギング、ウォーキングを含めて)がその一つ。

じゃー、運動苦手なんだけどという方には

そう、

ご自身の 姿勢 を意識されることをお勧めしています。

ほら、今、姿勢を意識した方、やる気みたいなもの感じませんでした?

歯科医師の立場からすると、姿勢ではなく、歯勢(言い換えれば、歯並び)です。

歯勢をよくすることで、口びるの形がよくなり、顔が引き締まった感じで

鼻からの呼吸が楽になり、脳への酸素が十分運ばれ、

疲れ切った脳を活性化でき、

そして、意志力が高まるという訳です。

まずは明日から、お試しあれ!!

よく聞かれる質問 その1電動ブラシについて

2016年06月05日

電動歯ブラシを使ったほうがいいの?

私の意見では、時間がなくて、お財布に余裕はある方は

ちゃんとしたブランド品をご購入いただいていいです。

でも、電動ブラシ一つに頼ることなく、必ず、普通のブラシと併用してください。

と いつも言っています。

万能なものは世の中にありません。

もちろん、電動ブラシを使い始めて、口の中が素晴らしく改善した方も見られます。

ところが、逆に電動ブラシは使っているのに

ある部分はいつも歯石でいっぱい。虫歯の治療も繰り返す必要があったり、

歯が白濁して、虫歯の初期症状が出てしまう方を多く見てきました。

要は、なんでも使い方なのです。

有名な実験ですが、

歯科衛生士さんの歯ブラシと電動ブラシどちらが優れているかという論文があって

結論は、どちらも変わらなかった。ということです。

電動ブラシを買うだけでふつうのブラシ 50本 購入可能ですし、

全く軽いのでバックにそっと入れておいても邪魔になりません。

まあ、

どちらを使うにしろ、利点と欠点を理解して、

上手に使いこなしていきたいですね。

内装は古いけど、よこやま歯科には熱意がある

2016年06月04日

よこやま歯科も二十年を迎え、

内装の状態は古くなってきたことは認めざるをえません。

しかし

設備、人材もかなりのレベルで充実してきました。

治療のレベルに関しても、常に新しいものを取り入れながら、

今までの経験値を生かすことができるまでになったと自負しています。

これからも、よこやま歯科チームとして、患者様の幸せ、健康に

少しでもお手伝いができるよう熱意を大切に日々診療に励みたいと考えています。

矯正中の親知らず

2016年06月02日

親知らずを抜く立場として、

矯正している方の水平埋伏歯を抜歯しなければならないケースがあります。

もちろん、虫歯になっていて痛みが激しく、ズキズキしている場合です。

矯正装置が付いているとまず術野の視界が遮られ、余分な時間がかかるのはもちろん

矯正装置を避けての切開、それに伴う縫合のやりにくさ

矯正装置を壊さないように抜歯操作をしなければなりません。

要するに、親知らずを抜くなら早いうち、抜歯の適応があるなら

矯正前には抜いておくことを強くお勧めします。

高濃度ビタミンC点滴、という選択

2016年05月31日

よこやま歯科HPより。
本日も高濃度ビタミンC点滴についての復習です。
高濃度ビタミンCは本来がんの治療として開発されたもので、近年では美容医療分野で応用されています。高濃度ビタミンCの効果は多様ですが、当医院では下記の効果を主目的として歯科治療に取り入れております。
  • 免疫向上による術後感染予防【インプラント、歯周治療】
  • 抗炎症作用による術後の腫れ、痛みの軽減【インプラント、難抜歯】
  • 抗酸化作用によるアンチエイジング【定期的歯周治療】
  • コラーゲン生成促進による口腔粘膜の改善【初期歯周治療】

この他に定期的(1~2週に1度)な高濃度ビタミンCの摂取により様々な効用が期待されます。

  • 美容効果として…
  • メラニン生成抑制による美白効果
  • コラーゲン生成促進による美肌効果
  • カルニチン促進による痩身効果
  • 健康維持効果として…
  • 疲労回復
  • 花粉症、アトピー性皮膚炎mぜんそく等のアレルギーの抑制
  • 肝機能の改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • 血糖値の改善
  • ガン予防

安全な範囲での高濃度ビタミンC点滴に副作用はありません。

勉強会ー歯科医院のための医療安全管理講習会

2016年05月29日

天気が良かった日曜日、いかがお過ごしでしたか?

今日はスタッフ4人と共に歯科医院のための医療安全管理講習会に参加して参りました。

午前中に、緊急時の対応、医療安全、感染症対策、院内感染対策

午後に、高齢者の心身の特徴、口腔機能の管理、緊急時の対応

について講習を受けました。

院長だけが勉強するのではなく、

スタッフも情報を共有でき、

患者さまにとって、より安全、安心で

さらに信頼度の高い治療ができるものと確信しております。

スタッフ共々新たな知識を得たことで、見える世界が変わり、

医院自体の成長を期待したいところです。

オールセラミック、という選択(メタルボンドからの移行)

2016年05月28日

やはり。綺麗ですね。

時代が変わりました。

前歯部を治療するとき、神経を取った後に、以前はメタルの土台を入れて

被せていました。

すると、中の土台の影が黒ずんで見えてしまいます。

いい歯を入れてもらったけど、変えたいという理由の一つがこれです。

さらに、金属焼き付け冠(メタルボンド)も内面に金属を使用しているので

歯肉が暗く写ってしまいます。

それに変わってきたのが、オールセラミック冠で

内面が歯の色に近いため、影ができず、

歯茎がナチュラルなピンク色のため、より自然な仕上がりと、美しさを併せ持つことができます。

前歯部の被せ物でもし悩んでいらしゃるなら、

いつかは、オールセラミックと言う選択をして見てはいかがでしょうか?

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP