トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

最新の10件

新たな課題ーー大人の虫歯

2016年04月26日

50代のの45%に根面の虫歯がある。のをご存知ですか?

歯周病の治療が一息ついて、歯茎が引き締まってくると

新たな課題に直面します。

それは

根面の虫歯

歯肉が引き締まるまではよいのですが、

その後、歯の根の部分が露出してしまう事が多くなります。

またその頃、口腔内のばい菌叢が変化して、

歯根の虫歯になるリスクを抱えてしまうのです。

歯根はエナメル質に比べて柔らかくて、

中性に近いpH(6.2-6.7)で溶け出してしまうのです。

(ちなみにエナメル質はpH 5.5 で解け始めます。)

対策として、もっとも有力なのが、フッ素入りは磨き粉の使用です。

根面の虫歯の治療は意外と難しい。

というのは、柔らかい所に詰め物をするので

が取れやすいからです。

歯医者としてちゃんと詰めたはずなのに と思っていると

今度は神経に近い部位なのでしみて、結局神経を取ることに。

神経をとれば、次の問題を生み出してしまうことは明らかです。

何事もそうですが、” 根元が大事 ”

覚えておいてください。

炎症のコントロール、力のコントロール

2016年04月24日

朝夕少し冷えてかもしれませんが、休日いかがお過ごしでしたか?

さて

私たちが使命として取り組んでいるのはこの2つのコントロール。

つまりは

炎症のコントロール、と 炎症のコントロール

今日はこの炎症のコントロールについてお話しします。

何度もお話ししている事ですが、

お口中はばい菌のカタマリ、約800種類のばい菌がいると言われています。

私たちには抵抗力というものがあって、このばい菌から免疫の力で自分の体を守っています。

でも

ばい菌の数がドを越すと、まず歯茎が真っ赤になり、腫れてしまいますし

さらに、ばい菌の体への侵入を防ごうと、自分の骨(歯槽骨)をも溶かしてしまうのです。

結果、歯がグラグラになってしまう所以です。

でもこれは立派なからだの防御反応。エラい!!なんて褒めてあげたいくらい。

ばい菌側は自分を守ろうと、他の種類のばい菌と協力して、集まって歯から剥がれにくい形を創ります。

これが バイオフィルム。お口の中のカルシウムを取り組んで歯石になる。

歯医者に行って、歯ブラシ、歯石取り、定期検診とうるさいのはこの為。

まずは炎症のコントロールをしなければならないからです。

人は生きている限り、食事をして、寝ますよね。その間お口のばい菌は増え続ける。

また歯ブラシの話?と冷たい顔なされず、復習は学びの母 なり

と思って聞いて頂けたら嬉しい限りですね

勉強会の帰り。飯田橋の近くにて

スポーツと虫歯

2016年04月23日

中学、高校時代そして大学とスポーツで体を鍛え、

将来への体力を蓄えるのはとてもとても意味のある事だと

思います。スポーツを熱心にすればする程、

汗をかきますよね。

水分が失われれば、最近話題の熱中症予防にと

いわゆるスポーツドリンクを摂取しますね。

(CMが格好良すぎ!!)

歯科医の立場からするとこれがくせ者。

体にいい事していながら、スポーツドリンク中の糖分のために

お口の中では虫歯菌が急増加

いつの間にか、無意識のうちに歯には大穴、

そしてスポーツに夢中のまま、抜歯寸前まで虫歯が進行。

やっとこさ、歯科医のもとに訪れたころには

もう OTEAGE。

とにかく何の意識もないときに起こる現実を受け入れられず、

歯科医療側を憎む様なタイドをとる。

よくある光景です。

スポーツ指導者の方にも考えて頂きたいのは

練習中は美味しい水、か 麦茶。

休憩中にはお塩を厚めに塗ったおにぎり というのは

いかがな物でしょうか?

(もちろん本番の試合ではじゃんじゃん飲んじゃいましょう)

とにかく、だらだら糖分を口の中に入れているのがよくない。

角砂糖を一期に飲み込め!!  と冗談で言いたくなります。

ともかくも、あちらを立てれば、こちらは何とか、、 で

将来のお口の事も考えながら、安全に、

スポーツを楽しんで頂けたらな、。と考える今日この頃です。

すばらしい無断キャンセル

2016年04月22日

いつも忙しい診療の合間に

1時間の約束時間をキャンセルされる方がいます。

痛くないので忘れてしまったとか、治療が怖かったのかもしれません。

急な仕事が入ったり、、身内のかたが具合が悪くなったり

様々な理由があるのでしょうが、

逆の立場で、約束を破られれば気持ち的には理解は出来るでしょう。

心配はしますが、この時とばかり、読みたかった学術書をよんだり、

次の方のレントゲンをじっくり見ては治療計画を見直したり、

案外、充実していたりして。

だから

すばらしい無断キャンセルなのです。

自分を休ませるための天からの

贈りものダッタのですね。

歯と顎は脳を守るためのバンパー

2016年04月21日

歯は何のために存在するか?

その一つの答えが、脳を守るためにある。

世界の人の2人に一人は歯をぶつけた事があるそうです。

交通事故や転んで顔を怪我した場合、ほとんど歯が折れたり、

抜けてしまったり、またはめり込んでしまったり。

けがの様態はいろいろですが、要は脳へ障害の力が働こうとする時の

バンパーの役目そしてセンサーの役目ををしています。

歯が折れたけど、脳はムキズ(無傷)、

もし

歯は顎とともに、たとえ折れたとしても

脳への障害が加わらない様

立派にお役目を果たした証拠なのです。

今日も脳を守った歯に感謝しつつ、

おやすみなさい。

一本でのインプラントでも きっと期待以上だ。

2016年04月20日

歯を失って 初めて歯の大切さを理解された方も多いはず。

お口の健康を維持しようと義歯で頑張ってみたものの、

時間と共に歯茎がやせてくると、義歯が合わず苦労してしまう

ケースを多く見てきました。

歯科医師として一本でもインプラント治療を許して頂けたら

もっと健康の質を上げる事ができるのになあ

と思う事がしばしばです。

(もちろん、インプラント治療の欠点、利点をよく理解して頂いてからの

話ですけど。)

動かないインプラントの存在が、歯を削る事をしなくてもよくなったり、

義歯の安定を格段に向上させます。

きっときっと期待以上の結果が得られるよう、未来の選択の

お手伝いができればなあと考えています。

自分で、自分の歯の治療を難しくしていませんか。

2016年04月19日

たとえば

もし、車を持っていたとする。

何年も掛かって貯めたお金を全部は叩いて

買った、自分にとって最高の宝物。

でも

ちょっとと傷ついたら大変、すぐ修理。

サビでもあったら大変、修理グッズをたくさん集めて

どの方法がいいか研究もする。

少しでもきれいな状態に保とうとする。

同様に

歯は大切な宝物。

歯が傷ついても、痛んで来ても、ぐらぐらしてきたら

一大事なのに

まったく放置されている方の多い事。

やっとの思いで治療できたとしても、限界がある。

自分で、自分の歯の治療を難しくしていませんか。

歯科医として、

その状況の中でも、出来る事すべて出し切る覚悟で

日々、取り組んでいます。

歯を大切に思う方のお手伝いが出来たらうれしい限りです。

午前は雨、午後は強風 かわいいお花にパチリ、そして大江戸博物館

2016年04月17日

休日、いかがお過ごしでしたか?

今日は、勉強会で、墨田区へ。

午後、もの凄い風に会場近くの木も左右に踊っていました。

帰りに30分ほど、

両国の大江戸博物館へ足を伸ばしました。

昭和の家の展示があり、子供の頃に戻った、そんな休日でした。

みずみずしい緑

2016年04月17日

あまりにもみずみずしく、新鮮な緑に足を止められました。

まさに緑のお花

この美しさを感じ取って頂けたら嬉しです。

近い目標、細かい目標

2016年04月17日

多くの場合、目標を立てようと考えると

とても大きくて、到底叶うはずもない目標を立てる

傾向があると思います。

目標を立てる事に満足感を覚えはするけど、うまく行かない事が多くて

挫折を経験した事はありませんか?

自分も年末になると、まだフランス語の単語帳やってないし、

なんて思うと暗くなってしまいます。

今、意識しているのは遠くのゴールは立てるものの

もっと近くの目標、もっと細かい目標を立てようと計画しています。

そう、一歩、一歩作戦。

フランス語単語5個、腕立て5回、英語の勉強15分。

これなら毎日できそうです。ほっ!!

明日は雨の様子、よい休日をお過ごしください。

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP