トップページ  >>  よこやま歯科クリニックブログ

BLOG

よこやま歯科クリニックブログ

最新の10件

花粉症の季節、歯が痛む?

2016年04月10日

日本中、今や花粉症の季節真っ最中。

歯医者と花粉症何の関係があるのと

思われると思います。

花粉症が引き金となって、

鼻(上顎洞)に炎症が起きると

上の奥歯が痛いと感じる事がよくあります。

歯医者に駆けつけると、虫歯が進んでいないのにも関わらず

神経を取る処置をされがちです。

神経を取ってしまうと、治療には時間が掛かり、被せ物をしなければならず

さらに、将来割れやすく、歯の寿命を縮めててしまいます、

風邪を引いて、鼻に炎症がある時も同じです。

つまり、ジャンプすると頭が痛かったり、頬を押さえると

痛かったりした場合、鑑別が大切で、

慌てずに処置を勧めるのがよいかと考えます。

優先順位が未来を創る

2016年04月10日

現在の状態は過去の選択の結果

とすると

現在の選択の結果は未来を創る事になる。

そう考えるとワクワクしてきませんか?

今一番多くの時間を使っている事が

それは

優先順位が未来を決定する。

なりたい自分になるために、つまり

未来を創造するために

優先順位を決めるのって

大切なことなんだなあ。

明日、あなたは未来の自分、家族、社会のために

何をしようと思っていますか?

たまには考えて、その思いを膨らませる

充実したよい休日となりますように!

今日も笑顔

2016年04月10日

今日、2年間の矯正治療が終了して

矯正装置を外した方がいらっしゃいました。

最後、椅子から降りてお帰りになるときの

笑顔

忘れられませんね。

忙しい中、通って頂き感謝感謝です。

親知らずを抜こうか悩んでいるのは、一人じゃない。

2016年04月10日

親知らずが時々腫れたり、物が詰まったりして

どうしようか迷っている方、多いと思います。

親知らずを抜こうか悩んでいるのは、一人じゃありません。

抜く事がマスト(Must)であれば、いつにするのか迷うだけです。

スケジュール帳かスマホを取り出してマークするのみです。

絶対自分では歯を抜く事は出来ないのですから、

人に頼むだけです。

もしどこで抜こうか迷っていたら、お手伝いできますので

相談してください。

経験に基づく歯科治療 と 証拠に基づく歯科治療の融合をめざす

2016年04月09日

歯科医療と言っても、人がする仁術がすべてと

時々、自分の治療技術を過信してしまう事があるかもしれないと

思う事があります。

1日の反省のなかで、もっとこうすればよかったかと

振り返る時、先人の様々な研究に基づく論文や文献に

立ち返る事の重要性に気づきます。

何事もそうですが、達人と言われる人は、必ずその基礎を大事にする

そうです。

よこやま歯科では

自分の限界も視野に入れ、傲慢になることなく、

自分の経験に基づく歯科治療と

証拠に基づく歯科治療の融合を目指して行こうと考えています。

歯科医院らしく。歯科医院らしくなく。

2016年04月08日

最近では

歯科医師のユニホームもカラフルだったり

スタッフのユニホームもどこかのカフェを思わせるエプロンで

業務されている所もあると聞きます。

歯科医院も一部サービス業である考えれば

歯科医院らしくないけど、

患者さまにとってはメリットがあるかもしれませんね。

よこやま歯科では予防から審美、インプラント、口腔外科まで

幅広くカバーして行く様体制を整えています。

ので

治療器具、機材が増えに増えてしまって、

まさに 歯科医院らしさを演出しています。

サービスと医療の融合として

歯科医療サービスと捉えれば、時には歯科医院らしく、

時には歯科医院らしくない歯科医院を創造して行きたいと

考えています。

星の王子さまー大切なことは目では見えない。

2016年04月07日

中学生の頃、星の王子様を読み始めましたが

意味がさっぱり解らず挫折したのを覚えています。

皆様は読んだことありますか?

たまたまパリの歯科医院にインプラントのセミナーを受けたのが

切っ掛けで、9回程パリを訪れました。英語だけしゃべっていても

物足らず、得てして

趣味の一つにフランス語学習が加わりました。

フランス語学習者にとって 星の王子さま は憧れの本

原語で読めるって本当素晴らしいです。

言語の向こう側の世界を感じることが出来ます。

以下 星の王子さまで超有名なフレーズ を紹介します。

それは 狐が行った言葉

on ne voit bien qu’avec le cœur. L’essentiel est invisible pour les yeux.(心で見ないとよく見えないんだ。大切なものはね、目では見えないんだよ。)

言葉の順番が違うだけなのに受けるインパクの違いが妙に心引かれます。

何か落ち込んだり、気分が乗らない時、この言葉を思い出し

まだ見えていない何かがある事に思いを寄せています。

中学のときに、知っていたら、、、人生変わっていたかも。

マイケルジョーダン— 何事もStep by Step

2016年04月06日

以前イギリスの古本屋から購入したマイケルジョーダンの本

タイトル”I can’t Accept Not Trying”

一つ一つの言葉にまったく無駄のない本とはまさにこの本かと。

読めば読む程に味が出ます。

歯科医としてもPursuit of Excellence の言葉を忘れることなく

診療して行くつもりです。

『春』の意味

2016年04月05日

日本人だったら誰でも

春になると共通する思いかあります。

それは 何か新しいことが始まる という思い。

それもウキウキした感じ

あたらしい環境、新しい人との出会い

そして頬に感じる清々しさのなかに暖かみのある空気感

春って良いなあ。

何か新しいこと始めましょう

それが 『春』の意味なんですね。

春のもみじ

2016年04月03日

小石川後楽園にて

池に映るしだれ桜、風情があり、素敵でした。

もう一つ自分の目に映ったのは、もみじの葉でした。

雨上がり、水滴が青々とした姿を引き立て、非常に新鮮さを感じざるをえませんでした。今の季節、主役ではありませんが、今から着々と準備しているのか、と妙に感心してしまいました。

明日から、仕事です。

春のもみじがごとく、準備を怠ることなく、

キックオフ!!

アーカイブ
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP