トップページ  >>  インプラント  >>  骨造成

IMPLANT

インプラント

骨造成

インプラントを固定するための十分な骨量がない場合には、インプラント治療を進めることができません。
このような場合には、「骨造成」という骨を増やす処置をすることで、インプラント治療を行なうことができます。
骨造成には、下記のように様々な方法がありますが、患者さまの症状に合わせて歯科医師が選択します。

GBR法(guided bone regeneration method)

GBR法

インプラント治療において最も多く使われる骨造成の方法です。骨誘導再生法ともいいます。
骨を増やしたい部分の歯肉を切開し、顆粒状の人工骨や患者さま自身の骨を充填した後、メンブレン(人工膜)で覆って歯肉を縫合します。メンブレンは、再生スピードの速い歯肉が骨側に浸食するのを防ぎ、骨の再生を促します。
個人差はありますが、3~6ヵ月ほどで骨がつくられます。

増やす骨の量が少ない場合は、インプラントを埋め込むのと同時にGBRを行なうことがあります。増やす骨の量が比較的多い場合は、骨を再生させた後にインプラントを埋め込みます。

ベニアグラフト

ベニアグラフト

患者さま自身の骨を使って、不足している部分の顎の骨を増やす方法です。
下顎の前歯や親知らずの付近の骨をブロック状に削り出し、骨を増やしたい部分に移植して、小さなネジで固定します。ネジはインプラントを埋め込むときに外します。

患者さま自身の骨を使うので、拒否反応が起こることがなく、ブロック状で骨を移植するため、大量に骨の厚みを増やしたい場合に適しています。
また、GBRで骨を再生させることが困難な場合などにも用いられます。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥歯の上には、上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。
上顎の奥歯部位の骨に高さが十分にない場合には、上顎洞の粘膜をインプラントが下から突き破ってしまうことがあります。
サイナスリフトは、インプラントが上顎洞に達しないように顎の骨の高さを増やす処置の一つです。

上顎の骨の側面に穴をあけ、そこから専用の器具を使って上顎洞底部の粘膜を押し上げた後、上顎の骨と粘膜との間につくったスペースに顆粒状の人工骨や患者さま自身の骨を充填します。
3~6ヵ月ほど期間をおくと、しっかりとした骨になり、高さを増やすことができます。

ソケットリフト

ソケットリフト

ソケットリフトは、サイナスリフトと同じく、上顎洞の下ある顎の骨の高さを増やす処置です。

上顎のインプラントを埋め込む予定の部分に、上顎洞底部に向かって垂直に穴をあけます。上顎洞底部に達したら専用の器具を使って上顎洞底部の粘膜を押し上げ、上顎の骨と粘膜との間につくったスペースに顆粒状の人工骨や患者さま自身の骨を充填します。
3~6ヵ月ほど期間をおくと、しっかりとした骨になり、高さを増やすことができます。増やすことができます。

サイナスリフトとソケットリフトの違い

サイナスリフトは上顎の骨の側面から施術するのに対し、ソケットリフトはインプラントを埋め込む方向から施術する。
ソケットリフトは、骨を増やせる量はあまり多くないため、上顎の骨の高さが5㎜未満の場合など広範囲に骨を増やす必要がある場合は、サイナスリフトが適している。
ソケットリフトは、サイナスリフトに比べて傷口が小さいため、患者さまの体への負担が少ない。骨を増やす量が比較的少量の場合に適している。

サイナスリフト

ソケットリフト

なぜ骨量は減ってしまうの?

歯を失ってしまったことが原因
歯を失ってしまったことが原因
健康な歯と歯肉がある場合、食べ物を噛むときの圧力が顎の骨を適度に刺激するため、骨の高さや厚みは保たれます。 しかし、歯が抜け落ちてしまうと噛むときの刺激が伝わらなくなってしまいます。すると顎の骨は退化し、次第にやせ細ってしまいます。このように骨がやせて薄くなり、高さもなくなっていくことを、「骨の吸収」といいます。
歯周病が原因
歯周病が原因
歯周病菌が歯を支えている骨を破壊してしまいます。重度の歯周病になると破壊された骨は歯を支えきれなくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯がグラグラと動揺するようになったときには、骨の吸収はかなり進んでいます。
長年合わない入れ歯を使用したことが原因
長年合わない入れ歯を使用したことが原因
顎の骨は、圧力による刺激があり過ぎても、なさ過ぎても吸収は起こってしまいます。
長年にわたって合わない入れ歯を使っていると、過剰な圧力が顎の骨にかかり続け、負担に耐えきれなくなった顎の骨はやせ細っていきます。
生まれつき上顎の骨が薄いこともある
生まれつき上顎の骨が薄いこともある
上顎洞が生まれつき下の方(お口の近く)にある方は、上顎の骨が薄いとされています。
このような方が上顎の奥歯を欠損した場合には、骨はお口側と上顎洞側の両方から骨が吸収するため、さらに骨は薄くなります。
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP