トップページ  >>  セレックシステム

CEREC SYSTEM

セレックシステム

セレックシステム

セレックシステムは、セラミック製の修復物(詰め物や被せ物)を、コンピュータ制御によって最短1時間で設計・作製することのできるシステムです。
3D光学カメラで患者さまの歯の修復部分を撮影した後、その画像データを元にコンピュータ画面上にて修復物を設計し、専用のマシンでセラミックのブロックを削りだして修復物を作製することができます。

歯型を採ったり修復物ができあがるまで数日間待ったりする必要がありません。
短期間で白く美しい歯を取り戻したい方には、セレックシステムを使った治療をおすすめしています。

セレックシステムの特長

  • (1)1日で治療することができます
    一般的な修復物による治療では、技工所に修復物の作製を依頼するため、装着するまでに1~2週間ほど時間がかかります。
    一方、セレックシステムを導入している歯科医院では、院内で修復物の作製ができるため、1回の通院で治療を終えることが可能です。
    ※症例によっては即日でできない場合もあります。
  • (2)白く美しい歯に仕上がります
    金属を一切使用せず、良質なセラミックのみを使って修復物を作製するため、自然な透明感があり、白く美しい歯に仕上げることができます。また、金属アレルギーが起こる心配もありません。
  • (3)費用がリーズナブルです
    技工所に依頼してセラミックの修復物を作製するよりも、院内のマシンで作製した方がコストを抑えられるため、治療にかかる費用を安くすることができます。

なお、症例によっては技工士の手によって作製した修復物が適している場合もあります。詳しくは、歯科医師にご相談ください。

セレックシステムによる治療の流れ

STEP1 口内の撮影(型採り)

STEP1 口内の撮影(型採り)

まず、虫歯部分や金属の詰め物を削って除去します。
次に、削った部分を3D光学カメラで撮影します。この撮影で得たデータをもとにコンピュータ上で修復物を設計するため、歯型を取る必要がありません。嘔吐反射が強く、歯型を取ることが苦手な方も不快感を味わうことなく治療できます。
※症例によっては歯型を取る場合もあります。

STEP2 コンピュータで修復物を設計

STEP2 コンピュータで修復物を設計

撮影したデータをセレックシステムのコンピュータに取り込むと、患部の歯列が画面上に立体的に再現されます。
データを解析し、患者さまにあった形の修復物を設計していきます。
設計が完了したら、歯の色合わせをし、修復物を作るセラミックブロックの色を選定します。

STEP3 マシンで修復物を作製

STEP3 マシンで修復物を作製

修復物を作製するマシンへコンピュータから設計データを送ります。
マシンは、設計データをもとに四角いセラミックブロックを削って加工し、精密な修復物を作製していきます。

STEP4 修復物の装着

STEP4 修復物の装着

マシンで作製した修復物を磨いたあと、専用の接着剤を使って装着します。
これで治療は完了です。
歯を削るところから修復物を装着するまでに最短で約1時間ほどです。

症例

施設前 施設後

診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP