トップページ  >>  歯科用CT・3Dシステム

DENTAL CT · 3D SYSTEM

歯科用CT・3Dシステム

歯科用CT・3Dシステム

CTとは、英語のComputed Tomographyの略称で、「コンピュータ断層撮影」とも呼ばれています。放射線などを利用して物体をスキャンし、そのデータをコンピュータで処理することで物体の断面画像を得る技術です。
歯科用CTとは、歯科に特化したCTのことで、お口をあらゆる角度から撮影し、その断面画像から口内の3次元立体画像を作成することができます。この立体画像からは、一般的な平面のレントゲン画像では判別できない骨の厚みや、神経や血管などの正確な位置を把握することができるため、より的確な診断と治療計画に役立ちます。
また、立体画像を使うことでお口の状態や治療計画を患者さまに分かりやすくお伝えすることができます。

歯科用CTと歯科治療

歯科用CTは、下記のようにインプラント治療をはじめとした様々な歯科治療の診断において重要な役割を果たします。

インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療では、人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込む手術を行ないます。
手術を行なう前に、CT撮影によって治療部位の骨の質や厚み、神経や血管の位置などの詳細な情報を把握することで、より良い治療計画を立てることができます。
また、手術中に神経や血管を傷つけるような事故の防止にもつながります。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずの位置や角度、周囲の炎症の程度や病巣の有無、またはレントゲンでは確認できない神経の位置なども把握できるため、抜歯の際に神経を引っ掛けたり傷つけたりしてしまうことを防止し、より安全で適切な治療を行なうことができます。

根管治療(歯の神経・根の治療)

根管治療(歯の神経・根の治療)

通常の検査で確認しにくい歯根の先端の病巣を発見したり、治療後の治癒の状態を精細に把握したりすることができます。これによって、いっそう確かな診断が可能となり、根の病気の完治を目指しやすくなります。

矯正治療

矯正治療

顎の骨に対する歯の位置や歯の周囲の骨の状況が3次元的に把握できるため、歯の移動距離の限界を予測することが可能です。特に難易度の高い矯正治療においてCT撮影による画像診断は重要な役割を果たします。

歯周病治療

歯周病治療

歯周病菌による顎の骨の破壊の進行状態も精密に診査することができます。歯科用CTで得た画像からは、破壊された歯の周りの組織や骨を再生する手術ができるかどうか、どの方法で手術するべきかなど、様々な治療方針を決める際の判断材料となります。

院内に歯科用CTがない歯科医院では、歯科用CTがある施設まで検査に出向く必要がありますが、当院では院内に歯科用CTを設置しておりますので、スムーズに検査と治療を進めることができます。

歯科用CTとインプラントのシミュレーションシステム

安全なインプラントのためのシミュレーションシステム

安全なインプラントのためのシミュレーションシステム

当院では、安全で的確なインプラント治療を行なうために、歯科用CTによる3次元立体画像を使った治療のシミュレーションシステムを導入しています。
一般的に、「3Dシミュレーションシステム」や「CTシミュレーションシステム」などと呼ばれているシステムです。

このシステムは、CT画像データから作製した3次元立体画像をもとに、コンピュータ画面上でインプラントの長さから埋め込む位置や角度、装着する人工歯の形態や噛み合わせまでシミュレーションすることができます。

事前に十分にシミュレーションを行なうことでリスクを予測し、回避することが可能です。

診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP