トップページ  >>  インプラント

IMPLANT

インプラント

インプラントは「第2の永久歯」といわれるほど、機能的にも、見た目にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。
当院では即時インプラント、骨の少ない方のインプラントにも対応しております。
歯を失ってお困りの方はお気軽にご相談ください。

歯科インプラントとは

歯をよみがえらせるインプラント治療

術前
様々な原因により歯を失ってしまう可能性があります。
術後
インプラント治療は、見た目、使用感など天然歯とかわりません。

重度の歯周病や虫歯、事故などが原因で歯を失ってしまった場合の治療方法の一つです。
「チタン」という生体との親和性の高い金属でつくられた人工歯根(インプラント)を、歯を失った部分の顎の骨に埋め込み、その上にセラミックスなどでつくられた人工歯を取り付けることで、天然の歯に近い噛み心地と見た目を回復させます。

インプラントと顎の骨が結合することでしっかりと固定されるため、入れ歯のようにガタつくことがなく、食べ物を十分に噛んで味わうことができます。また、見た目も自然なうえ、ブリッジ治療のように周りの歯を削る必要もありません。

インプラント治療は失った歯を取り戻すための優れた治療ですが、患者さまのお口の状態によっては適していない場合もありますので、事前に十分に検査を行なったうえで治療を行ないます。

移植とインプラントの違い

移植とインプラントの違い

最近話題になっている心臓移植や肝臓移植は、ドナーという臓器提供者がいて初めて成り立つものです。それを医学用語でトランスプラント(移植)と言います。一方インプラントは生体にとって無刺激・無毒で、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものをその臓器の代わりに使います。例えば、人工腎臓や人工関節などが、それにあたります。歯科インプラントも同じように歯の根の代わりをする金属(チタン)などの人工材料を利用しています。

虫歯がない歯を削るなんて…
失った歯の、両側の健康な歯を削ってプリッジを取り付けます。
入れ歯に異物感を感じて慣れない
入れ歯は慣れるのに時間がかかり、支えいている健康な歯と歯ぐきにも負担が大きくなります。
入れ歯が不安定でかみにくい
総入れ歯では、部分入れ歯以上に不安定でかむのに苦労し、発昔もしにくくなります。

従来の移植→インプラント治療

両側の健康な歯は削りません
抜けた所ヘインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けます。見た目にも自然です。
歯のない所へインプラントを埋め込みます
入れ歯と違って金具が見えず天然の歯のようにかむことができます。残った歯にも負担をかけません。
総入れ歯でも固定できます
インプラントを数本埋め込み、入れ歯を固定します。天然の歯のように食事が楽しめます。

インプラントの手術 1回法と2回法

インプラント治療には、顎の骨にインプラントを埋め込む手術が伴います。
インプラントの手術には、大きく分けて「1回法」と「2回法」という2つの方法があります。この2つの方法の一番の違いは、歯肉を切開する回数です。ただし単純に切開する回数が少ない方が良い方法というわけではなく、それぞれにメリット・デメリットがあり、患者さまのお口の状態に適した方法で治療を行ないます。

1回法について

インプラントを埋め込む際に一度歯肉を切開します。歯肉を2回切開する「2回法」と比較すると体への負担が少ない方法です。

手術の流れ
  • (1)局所麻酔をかけて歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
  • (2)埋め込んだインプラントのヘッド部分にアバットメント(インプラントと人工歯を連結させるためのパーツ)を接続します。このパーツを歯肉の上に露出させた状態で、歯肉を縫合します。
  • (3)人工歯を取り付ける前に、インプラントと顎の骨が十分に結合するまで6週間~6ヵ月ほど期間を置きます。
    この期間の長さは、治療部位や骨の状態によって異なります。
    骨の状態などの条件がよければ、インプラントを入れたその日にアバットメントに仮歯を装着できる場合もあります。
  • (4)顎の骨とインプラントがしっかりと結合したら人工歯を作製し、アバットメントに取り付けます。
メリット
  • ・歯肉を切開する回数が1回で済むため、2回法より体への負担が少ない。
  • ・2回法より手術時間および治療期間が短い。
デメリット
  • ・インプラントと骨が結合するまでの間、アバットメントが歯肉の上に露出しているため、細菌感染する可能性がある。インプラントを埋め込む際に骨を増やす処置(骨造成)が必要な場合などには適していない。
2回法について

インプラントを埋め込んだ後に一度歯肉を縫合し、人工歯を取り付ける際に再度切開します。ほとんどのケースにおいて適応できる方法です。

手術の流れ
  • (1)局所麻酔をかけて歯肉を切開し、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
  • (2)インプラントのヘッド部分を保護するパーツを取り付け、それを覆うようにして歯肉を縫合します。
  • (3)顎の骨とインプラントが結合するまで6週間~6ヵ月ほど待ちます。この期間の長さは、治療部位や骨の状態によって異なります。
  • (4)顎の骨とインプラントがしっかりと結合したら、2回目の歯肉の切開を行い、インプラントのヘッド部分に取り付けていた保護パーツを外します。そしてインプラントにアバットメントを装着します。
  • (5)人工歯を作製し、アバットメントに取り付けます。
メリット
  • ・ほとんどのケースにおいて適応できる。
  • ・インプラントを歯肉で完全に覆った状態で骨と結合させるため、細菌感染の可能性が低い。インプラントを埋め込む際に骨造成が必要な場合などにも適している。
デメリット
  • ・歯肉の切開が2回あるため、1回法と比較して手術時間が長く、体への負担がある。

インプラントのメリット

歯を1本だけなくした場合

歯を1本だけなくした場合

ブリッジを装着するため、隣の歯を削らなければなりません。また、削られた歯には大きな負担がかかります。

歯を数本なくした場合

歯を数本なくした場合

歯をすべてなくした場合

歯をすべてなくした場合

インプラント治療のステップ

STEP1 審査診断と治療計画

STEP1 審査診断と治療計画

インプラント治療には事前に詳細な検査が必要になります。歯を失った原因、骨の状況など詳細な検査と治療の計画を立てます。
模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、治療計画についての説明を受けます。

問診・触診
問診・触診
口腔内模型による審査
口腔内模型による審査
レントゲン検査
レントゲン検査
CTスキャン(上顎)
CTスキャン(上顎)
CTスキャン(下顎)
CTスキャン(下顎)

STEP2 インプラント手術

STEP2 インプラント手術

歯がない所へインプラントを埋め込んだ後、あごの骨にしっかりと結合するまで、6週間~3ヵ月ほど待ちます。
※骨の状態など様々な条件により異なります。
インプラント治療には1回法と2回法とがあります。

1回法と2回法

STEP3 人工歯の取り付け

STEP3 人工歯の取り付け

インプラントの上に土台を取り付けて、その上に人工歯を被せます。
インプラントが骨としっかりと結合し安定するまで待って、この上に人工歯を取り付けます。
取り付け方は、大きく分けて次の3つです。
※待つ期間は、インプラントの種類・手術法・骨の状態・全身状態などにより決定されますが、おおむね6週間~3ヵ月ぐらいです。

完全に固定する
完全に固定する
インプラントのヘッドにセメントを用いて人工歯を接着します。
よく噛め、ネジ穴がないので噛み合わせがつくりやすく、見た目にも綺麗です。
ネジで止める
ネジで止める
インプラントのヘッドと人工歯をネジで止めます。
定期検診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉を清潔にすることができます。
入れ歯にする
入れ歯にする
インプラントのヘッドに棒状・球状または磁性の維持装置を取り付け、入れ歯を固定します。

STEP4 メインテナンス

インプラント治療後は、正しいホームケアを行なうとともに、先生の指示に従った定期検診が必要です。 インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、毎日の家庭でのケアと定期的な検診を欠かさず、きちんとメインテナンスをするようにします。

ホームケア
ホームケア
ブラッシングを徹底的に行います。インプラントは天然歯に比べ、構造的に人工歯の根元が細くなっているので隙問ができます。普通のブラッシングに加えて、歯間プラシや抗菌剤入りのリンスなどを使って徹底的に口腔内を清潔に保つようにします。
ドクターケア
ドクターケア
定期的な検診は、最初は月に1回、状態が落ち着いてきたら2~3ヵ月に1回、最終的には半年に1回が目安になります。インプラントの状態や噛み合わせに不都合がないかを調べます。また、歯科衛生士に、口腔内の衛生状態などをチェックしてもらい、専門的な清掃を受けます。

インプラント治療の症例

歯を1本だけなくした場合

  • 術前
  • 経過
  • 経過
  • 術後

歯を数本なくした場合

  • 術前
  • 経過
  • 経過
  • 術後

歯を数本なくした場合

  • 術前
  • 経過
  • 経過
  • 術後
診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP