トップページ  >>  抜歯・根管治療

TOOTH EXTRACTION, ROOT CANAL TREATMENT

抜歯・根管治療

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは必ずしも抜歯しなければならないわけではありません。
問題なく生えており、歯磨きに支障がない場合や、顎の骨の中に埋まっていて痛みなどの症状がない場合は、抜歯の必要はありません。
しかし、顎が退化して小さくなった現代人は、親知らずが生えるためのスペースが狭い場合が多く、親知らずのトラブルが起こりやすくなっています。

親知らずの抜歯が必要なケース

真っすぐに生えていない
親知らずが斜めや横向きに生えてしまうと、その大部分が歯肉に埋まっているために歯磨きがしにくく、虫歯や歯肉の炎症などが起こりやすくなります。また、生え方によっては隣の歯を圧迫して歯並びに影響を与える場合もあります。
噛み合う歯がない
上顎の親知らずの場合に限りますが、たとえ真っすぐに生えていても、その歯と噛み合う歯が存在しなかったり、生えてこなかったりした場合は、抜いた方が良いと判断される場合があります。噛み合う歯がないと歯が下に伸び、噛み合わせた際に下顎の歯肉などを傷つける可能性があるからです。また、噛み合わせが悪くなる場合もあります。

抜歯を安全に行なうために

抜歯を安全に行なうためには、患者さまの親知らずと神経の位置を正確に把握することが重要です。
当院では、歯科用CTを導入しておりますので、親知らずの状態や神経の位置を正しく把握し、神経を傷つけることなく安全で的確に処置することが可能です。親知らずが気になる方はお気軽にご相談ください。

抜歯処置の流れ

STEP1 麻酔をする
STEP1 麻酔をする

抜歯する親知らずの周りを消毒し、歯肉に麻酔を注射します。

STEP2 抜歯する
STEP2 抜歯する

専用の器具を親知らずと骨との間に挿入し、歯を脱臼させて、歯を抜きます。
親知らずが歯肉に埋まっている場合は、歯肉を切開して親知らずの周囲の骨を削り、歯を分割させてから、歯を抜きます。
歯を抜いたら、歯肉に残っている不良な組織(肉芽組織)などを取り除きます。

STEP3 止血する(縫合する)
STEP3 止血する(縫合する)

ガーゼを噛んで、出血が落ち着くまで待ちます。
歯肉を切開した場合や歯科医師の判断で縫合が必要となった場合には、歯肉を縫合します。状態によっては、抜歯の1~3日後に傷口の消毒が必要となることがあります。

抜歯処置の流れ

  • ・傷口を指や舌で触らないようにご注意ください
  • ・抜歯当日は、強いうがい、入浴、激しい運動などは控えてください
  • ・抜歯当日は、辛いものなどの刺激物は食べないようにしてください
  • ・出血がなかなか止まらない場合は、清潔なガーゼを丸めて20分ほど強く噛んでください

根管治療

大切な歯を残すための治療

大切な歯を残すための治療

歯の中には、歯の神経である歯髄という組織があり、この歯髄が通っている管を根管といいます。
虫歯が進行し、歯髄が細菌に感染してしまうと、歯が強く痛んだり、歯肉が腫れたりします。
このような場合に、根管内の感染した歯髄を除去し、抜歯をせずに歯を残す治療を「根管治療」といいます。

根管治療で行なう処置

抜髄(ばつずい)
細菌に感染してしまった歯髄を、リーマーやファイルと呼ばれる器具を使って根管内から残らず除去し、根管内を洗浄・消毒します。
根管充填
抜髄をした後、細菌が侵入するのを防ぐため、根管内に薬剤を隙間なく詰めます。
根管充填後に痛みなどの症状が無ければ、被せ物や詰め物などの治療を行ないます。

根管治療の精度を上げるマイクロスコープ

根管治療の精度を上げるマイクロスコープ

根管は、ごく細いうえに湾曲していたり複数に枝分かれをしていたりと、かなり複雑な形状をしています。
感染した歯髄を取り残してしまうと、治療後に痛みを感じたり、骨の中に膿がたまって腫れたりしてしまうため、治療には高い技術が必要です。

肉眼での手探りの治療では、その精度にどうしても限界がありました。

そこで当院では、根管治療の精度をあげるため、マイクロスコープ(手術顕微鏡)を導入いたしました。
マイクロスコープでは、視野を肉眼の3~20倍に拡大することができるため、肉眼では確認できない歯根の深部を確認しながら、精密な治療を行なうことが可能です。

診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP