トップページ  >>  矯正歯科

ORTHODONTIC

矯正歯科

矯正歯科

出っ歯、受け口、ガタガタの歯列など、歯並びで気になるところはありませんか?
矯正治療で歯並びを改善すると、美しい口元が手に入るだけでなく、身体にも様々な良い影響をもたらします。
発音が改善されますし、よく噛めるようになることで胃腸への負担が減ります。また、歯磨きがしやすくなるため、虫歯や歯周病のリスクも減らすことができます。

小児矯正(子どもの矯正)

小児矯正(子どもの矯正)

子どもの矯正は顎の骨の大きさやバランスやを整える「1期治療」と、永久歯が生え揃ってから歯並びを整える「2期治療」の2つの段階があります。
一般的に、1期治療は永久歯が生え揃う6歳~10歳頃までに受けると良いといわれていますが、矯正を始める適齢期はお子さまお一人おひとりによって異なります。お子さまの歯並びで気になる点があれば、ぜひお早めにご相談ください。

成人矯正(大人の矯正)

ずっと歯並びで悩んでいるにも関わらず、治すことをあきらめてはいませんか? 矯正を始める年齢に上限はありません。大人の矯正はいつからでも始めることができます。矯正治療で、隠さずに思いっきり笑える素敵な口元を手にい入れましょう。

大人の矯正治療には、様々な治療方法があり、患者さまのお口の状態や予算、ご要望に合わせて選択します。

表側矯正

表側矯正

最も一般的な矯正方法で、歯の表側に矯正装置を取り付け、ワイヤーを固定する方法です。
ワイヤーの弾力を利用して歯並びや噛み合わせを整えます。
矯正装置は、金属製のものだけでなく、プラスチックやセラミック製の透明で目立たない色のものもあります。

メリット
  • ・様々な症例に対応できる
  • ・装置が舌に触れないため、発音や咀嚼を阻害しない
  • ・ほかの方法と比較すると費用が安い
  • ・汚れている部分が確認しやすいため、手入れがしやすい
デメリット
  • ・歯の表面に装着しているため、目立つ
  • ・装置の厚みによる口元の突出感がある

舌側矯正

舌側矯正

歯の裏側(舌がある側に)矯正装置を取り付け、ワイヤーを固定する方法です。裏側矯正、リンガル矯正ともいいます。表側からは装置が見えることがほとんどないため、矯正中の見た目が気になる方に適しています。

メリット
  • ・装置がほとんど見えないため、矯正治療をしていることを周囲の人に気付かれにくい
  • ・歯の裏側は虫歯になりにくい特性があるため、表側矯正よりは虫歯のリスクが低い
デメリット
  • ・慣れるまでは舌が装置にあ当たる違和感を覚えたり、発音がしにくかったりする
  • ・表側矯正と比較すると費用が高い

ハーフリンガル

ハーフリンガル

上顎の歯は裏側に、下顎の歯は表側に矯正装置を取り付けて治療する方法です。
見えやすい上顎の歯だけは裏側に装置を取り付けることで、目立ちにくくしながらも、すべて裏側で治療する場合よりも費用を抑えます。

提携クリックをご紹介しております。

メリット
  • ・装置が見えにくい
  • ・舌があたる下顎は表側に装置を取り付けるため、比較的発音がしやすい
  • ・舌側矯正と比較すると費用が安い
デメリット
  • ・表側矯正と比較すると費用が高い

マウスピース矯正

マウスピース矯正

薄く透明なマウスピースで矯正する治療方法です。マウスピースは歯並び改善の段階に合わせて都度作製し、装着を繰り返すことで歯を動かしていきます。
透明なので装着していても周りの人に気付かれにくく、ワイヤーを使用しないのでお口の中の違和感や痛みが少ないのが特徴です。

メリット
  • ・透明な装置で周りの人に気付かれにくい
  • ・ワイヤーを使った矯正治療よりも痛みや違和感が少ない
  • ・食事の際は取り外すため、治療中でも気にすることなく食事を楽しめる
デメリット
  • ・歯を動かす力が弱いため、治療できるケースが限られる
  • ・食事のたびに取り外し、手入れをする必要がある

インプラント矯正

インプラント矯正

ワイヤーを使った矯正治療と併用して治療期間を短縮する治療方法です。
矯正用のミニインプラントを顎の骨に埋め込み、ワイヤーの固定源として利用することで、短期間で歯を動かします。
一般的な矯正治療の場合、歯を動かすための固定源も歯であるため、歯を動かす力が伝わりづらく、予定以外の歯が動いてしまうこともあります。一方、顎の骨に埋めこんだミニインプラントは動かないため、固定源とすることで動かす力が歯に伝わりやすく、短期間で効率よく歯を動かすことができます。

メリット
  • ・治療期間を大幅に短縮できる
  • ・表側矯正でも舌側矯正でも併用できる
デメリット
  • ・ミニインプラントを埋め込む処置が必要
  • ・ワイヤーだけの矯正治療より費用が高い

歯を抜かない矯正(非抜歯矯正)

一般的に矯正治療では歯を抜くことが多いですが、せっかく生えている健康な歯を抜くことに抵抗を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大まかに下記の3つの方法で歯を抜かずに矯正を行なうことも可能です。

奥歯を移動する

一番奥に生えている歯を更に奥に移動します。移動できる距離は患者さまによって個人差があります。

歯列を両側方向に拡大する

歯列自体を左右両側方向へ拡大させします。ただし、拡大し過ぎると後戻りしやすくなるため、拡大できる範囲 には限界があります。

歯を削って隙間をつくる

歯と歯の間の部分のエナメル質を少しずつ削ることで隙間をつくり、歯を移動させます。
歯の表面のエナメル質1/4~1/3程度であれば削ってもその後研磨することで虫歯や知覚過敏を防ぐことができます。

上記の方法で歯並びを改善できず、歯も抜きたくない場合は、前歯を前方に出します。違和感を覚えない程度に前方へ出すことになりますが、若干の横顔の口元の突出感があったり口が閉じづらいと感じたりする可能性はあります。

歯とを抜く治療と抜かない治療、どちらがいいの?

歯を抜く治療では、健康な歯を抜歯する処置が必要となり、歯の数も減りますが、口元の突出感などの懸念はなく、バランスの良い口元に仕上げることができます。

歯を抜かない治療では、親知らず以外の歯を抜く処置は必要なく、歯の数も減りませんが、若干、口元の突出感がでる可能性はあります。

患者さまのお口の状態によってどちらが適しているかも変わってきます。
歯を抜いて治療するか、抜かないで治療するか、それぞれのメリット・デメリットを十分に把握したうえで治療法を選択していきましょう。

診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP