トップページ  >>  予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科

予防歯科

歯科医院は「歯が痛くなったら行くところ」というイメージがあるかと思いますが、痛くなったら歯科医院に行く、ということを繰り返していては、歯はボロボロになっていってしまう一方です。特に虫歯は痛みを感じるまで進行してしまうと、削ったり抜いたりする必要があり、二度と元の健康な歯に戻すことはできません。

歯科医院では、歯の病気を治療するだけでなく、歯の病気を予防し、健康を維持するための処置を受けることもできます。 あなたの歯の健康を守るために、歯科医院の活用方法を変えてみませんか?

歯科医院で受ける予防処置とは?

患者さまによって処置の内容は異なりますが、一般的に下記のように歯の健康状態を検査した上で、歯のクリーニングを行ないます。

お口の健康状態を検査

お口の健康状態を検査

レントゲンを撮り、お口の中を診て虫歯の有無や歯肉や粘膜の状態をチェックします。
虫歯や歯周病にかかっている場合は、予防処置の前にまず虫歯や歯周病その治療を行ないます。

だ液検査(虫歯リスク検査)

だ液検査(虫歯リスク検査)

だ液を検査することによって、虫歯にかかりやすいタイプがどうかをチェックします。だ液の性質や虫歯菌の量を把握することで、患者さまに合った処置を行なうことができます。

歯石の除去

歯石の除去

歯石は歯周病の原因菌が繁殖する温床となってしまうため、付着したまま放っておくと歯肉の炎症が起こり、歯を支える骨もどんどん溶けてしまいます。
歯石は日々の歯磨きでは除去できないため、歯科医院にて定期的に除去することが歯周病予防のために大切です。

PMTC

PMTC

英語のProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士といったプロが専用の器具を用いて行なう歯のクリーニングのことです。
専用の器具と研磨ペーストを使って、歯の表面だけでなく歯の根本や歯と歯の隙間など隅々まで磨きます。これによって歯に付着したバイオフィルム(ネバネバした細菌の固まり)を除去することができます。
バイオフィルムも日々の歯磨きで除去することが難しいため、定期的に歯科医院で除去する必要があります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には虫歯菌が出す「歯を溶かす酸」への抵抗力を高める働きがあります。フッ素ジェルを歯面に塗布することで、歯を強くし、虫歯になりにくくします。

歯磨き指導

歯磨き指導

患者さま自身による毎日の歯磨きにプラスしてこそ、歯科医院での予防処置は初めて効果を発揮します。
より予防効果を出すために、患者さまに合った効率的な歯の磨き方をレクチャーいたします。

歯を守るための生活習慣についてアドバイス

歯を守るための生活習慣についてアドバイス

虫歯や歯周病と、生活習慣は大きく関係しています。食事のとり方やおやつの食べ方、歯を磨くタイミングなどの生活習慣を改善することで、虫歯や歯周病にかかるリスクを下げることができます。
現在の生活習慣をヒアリングしながら、歯を守るための生活習慣をアドバイスいたします。

診療科目
お問い合わせフォーム
0120-81-3748(ハイ ミナヨイハ)

PAGETOP